プログラム

沖縄ケアセンターGAIA(以下当センター)が利用者の方々に提供出来るプログラムとして3つの事柄があげられます。

①基本的な生活の習慣を身につけ、毎日規則正しい生活を行います
毎日同じ時間に起床、睡眠し、三度の食事を食べ、歯磨きをし、掃除洗濯をして、身の回りを整理し、アクティブに体を動かす。薬物の使用、アルコールの飲酒を続けるとこのような基本的な生活がおろそかになり、精神状態も悪化してきます。当センターでは基本的な生活習慣を取り戻すことが重要だと考えております。

②対人関係の改善を図ります
薬物の使用、アルコールの飲酒をしている時期は上記のように生活が乱れて、精神状態も安定していません。人との関わり合いもおのずと乱れ、健全な人間関係が保てなくなります。集団生活を持続していくうちにお互いを助け合い、問題解決するような人間関係を構築する学習場所として施設への入寮は非常に有効な手段だと考えております。

③回復に集中できます
自助グループに毎日通っても一日に限られた時間しか同じ問題を抱えた仲間と接することができません。入寮していれば仲間と長時間過ごす事が出来るので、効率的かつ回復の基盤を作るのには大変有効だと考えております。

依存症教育①
認知行動療法をベースとした再発防止教育プログラム

書籍の3D、カラフル、カバー、

①アルコールや薬物の害について理解を深める。

②毎日を計画的に過ごし、アルコールや薬物の入りこむすきを作らない。

③「使いたい」という気持ちを上手にあつかう具体的な方法を身につける。

④回復の道のり全体を理解し、これからやってくる様々な問題にそなえる。

⑤再発の危険信号について学び、その合図に自分で気がつけるようにする。

以上の点について重点的に学び、依存症という【病気】について学んでいただきます。
病気の本質と回復について学ぶことにより、性格上の問題にも目を向けることが出来ます。
依存症は再発率が非常に高い病気であるため、事前にそのメカニズムを学ぶことにより再使用(再飲酒)を防止するためのスキルを身に付けていきます。

依存症教育②
12ステッププログラム

l_294

1939年創刊の、アメリカのアルコール依存症の相互支援グループ、アルコホーリクス・アノニマス(AA)のテキスト【ビックブック】をもちいて回復の過程を、12段階にわけて記した内容に沿って進めて行くプログラムです。
現在その【ビックブック】は世界中に翻訳され、世界160弱の国と地域で約220万人、日本では約2,500人~5,000人(現在もその数は増え続けている)の依存症の問題を抱えた方々の回復に貢献してきました。まさに依存症回復における中核的プログラムといえます。

依存症教育③
RDP(リカバリーダイナミクスプログラム)

RD 00101

RDPは主として依存症回復支援施設(中間施設、リハビリ施設、医療施設など)のために作られたプログラムで、このプログラムの基礎は、上記の12ステッププログラムからなり、歴史的にも十分な実績をもつ12ステップをリハビリ施設で効果的に使える様に翻案した革新的なプログラムです。このプログラムには大きく分けて3つの目標があります。
1番目の目標は、問題が何であるかを知ること=ステップ1
2番目の目標は、問題の解決策は何であるかを知ること=ステップ2
3番目の目標は、解決策を手に入れるための行動を起こし、結果を手に入れること=ステップ3~12
利用者の方々に対して、12ステッププログラムをより理解し易く伝え、実践を促していくプログラムです。

グループセラピー

flower-257153

グループセラピーの一種である、グループミーティングを用いて様々なテーマに沿って各自の経験や感情について話し合います。
薬物(酒・ギャンブル)と一体化していた依存症者の感情は、他人の感情はもちろん自分の感情にすら気づくことができなくなっています。
グループの中で、「話す」「聞く」ことにより、自他の感情に気付くことができるようになり、自分を知ることができるようになります。
また、グループの中での人との関わりは共感を育て、コミュニケーションスキルを身に付けるのに役立ちます。

スポーツプログラム概要

沖縄の恵まれた自然の中で楽しみながら体力の回復・増進を図り、サーフィンやシュノーケリング、ゴルフ、フィッシングなどのアウトドアスポーツやフィットネスジムなどを通じて仲間との交流を深め、一人の時も自由な時間を楽しめる新しいライフ・スタイルを獲得することを目的としています。そして自分が参加したいプログラムを利用者自らが日々選択して参加することで、決断力や自立心、目標達成力を高める効果があります。
GAIAではスタッフ対利用者の比率がとても近いため、柔軟に様々なプログラムを行える利点があり、こういった依存症回復施設では非常に稀な形態をとる事が可能となっています。
またGAIAのスポーツプログラムは強制的に参加させられるプログラムではなく、入寮直後の離脱期や体調が優れない時はしっかり休んで頂けるよう健康面や体力面にも配慮しています。

サーフィン

bg1

GAIAに来られたほとんどの方が、GAIAで初めてサーフィンをされる方ばかりです。
そして沖縄でサーフィンが出来るポイントのほとんどがリーフ(岩礁)ですが、島全体が海に囲まれているので、サーフィンの出来るポイントは多く点在しています。
しかしポイントは砂浜ではなくリーフですので、満潮時刻を中心として前後2時間しかサーフィンできません。そのためサーフィンプログラムを行う時間は毎日異なります。このように完全に自然のペースに合せて行動していくことは、自らの利己的さや、身勝手さ、自己中心などの問題を見直せる良い機会となります。
施設長やスタッフ、OBをはじめ、何人かの仲間が1からサーフィンを教え、また年に数回プロサーファーがサーフィンを教えにも来てくれます。
また泳ぎに自身のない仲間やリーフでのサーフィンは少し恐いという仲間には、ボディーボードも用意してありますので、ステップアップしていく感覚で沖縄のサーフィンライフをエンジョイしていただけます。

シュノーケリング

phuket_fish_3

スキューバダイビングをする為にはライセンスが必要ですが、シュノーケリングは気軽に沖縄の美しい海を楽しむことが出来ます。
シュノーケリングの時には、タコやサザエやアワビなどが採れることもあり、シュノーケリング後には取れた獲物をみんなで食べるのも楽しみの一つです。
海の中を眺めていると、薬や酒、ギャンブルとは違った形で、健康的に自分の世界に入りこめます。また手軽に楽しめることも大きな魅力で、退寮後も末永く続けていける趣味となるプログラムです。
またシュノーケリングからステップアップしてスキューバダイビングにチャレンジしていただくことも可能で、その際は提携しているダイビングショップのインストラクターが丁寧に指導いたします。GAIAで海を好きになり、退寮後も足しげく沖縄にダイビングをしに訪れるOBもいます。

ゴルフ

Golf_green_grass_space_widescreen_HD_wallpaper_4_1280x800

沖縄は温暖な気候のおかげで一年中ゴルフを満喫することができます。冬でも天気がよければ半袖でのプレーも可能で、ほとんどのゴルフコースが海を見晴らす壮大なロケーションを持ち、コバルトブルーに輝く海に向かってティーショットを放つ爽快感が沖縄ゴルフの醍醐味です。GAIAでは初心者の方でもゴルフを楽しんでいただけるよう、パターゴルフ、ゴルフ練習場、ショートコース、ミドルコース、チャンピオンコースと、回復同様に段階を追ってレベルアップする事が可能になっています。
毎月1回、GAIA主催で仲間同士のゴルフコンペも開催するなど、こちらも退寮後に沖縄ゴルフをプレーしに訪れるOBが沢山います。

フィッシング

Rixs1Puq

GAIAでは海釣り、夜釣り、船釣り、バス釣りなど様々な釣りを行います。沖縄の海には、本島にいない魚が豊富にいて、かつ温暖な気候のためにサイズも大きくなります。釣りをやったことがない仲間でも比較的簡単に釣果があがるので、GAIAに来て釣りに夢中になる仲間も大勢います。

スポーツジム

facility_2

GAIAが法人契約を結んでいる県内最大のスポーツジムを利用して行うプログラムです。ジムでは、各個人別に合わせたプログラムを組んでもらうことが可能で、ジム内で開催されている全てのプログラムに参加できます(有酸素系、無酸素系の様々なマシンを使ったトレーニング、プールで競泳やエクササイズなど様々なメニューが用意されております)
GAIAへ入寮した時は疲弊しきっていた体が、みるみる変化していくことで、自尊心や、忍耐力向上に効果的です。退寮後も地元などにあるスポーツジムに通うのが日課になっているOBも大勢います。

大自然合宿 (毎月一回開催されるプログラム)

DSC_31840000

鳥類天然記念物に指定されているヤンバルクイナの生息地として有名な本島北部(ヤンバル)や国内最大の国立公園に指定されている慶良間諸島の民宿に泊まり、サーフィン、シュノーケリング、パークゴルフ、フィッシング、トレッキング、バーベキューなど、日常生活の場を変えて行うプログラムです。自然が多い沖縄の中でも更に自然が多く残された地域で、初めて参加される仲間の多くがその大自然の魅力に惹き込まれるGAIA随一のプログラムです。 こうしてGAIAでは日々のプログラムに対して変化を持たせることで、ストレス解消や、自分の中で起きている感情の変化に気付いてもらうことを促進しています。

レクリエーションプログラム(毎月一回開催されるプログラム)

01

毎月一回、県内リゾートホテルでの昼食や、映画鑑賞などの娯楽を取り入れて、過度なストレスを溜めこまないよう、生活に幅を持たせております。やはり集団生活にはこうしたリフレッシュする機会も重要だとGAIAでは考えております。

お問い合わせバナー