ご利用のご案内

電話相談について

    • 薬物・アルコール・ギャンブルの問題を抱えた方々、またはそのご家族、ご親族、ご友人、同僚の方々を対象としています
    • 薬物・アルコール・ギャンブル依存症から回復するためのご相談にのみ対応しています
    • お住まいの地域によって相談窓口が異なりますので、お掛け間違いにご注意ください

東日本相談センター:03-5800-5121
西日本相談センター:06-6433-5111
電話受付(平日のみ)8:30~18:30
カウンセリングが込み合っている場合は自動で職員の携帯電話に転送されますが、ご了承ください

沖縄ケアセンター入寮リハビリについて

      • 薬物・アルコール・ギャンブル依存症から回復したいという意思のある方
      • 原則としてご家族も当センターの主催する家族会(東京or大阪にて毎月1回開催)でプログラムを受けることが可能な方
      • 自立を目指し、他の利用者と協調性をもってプログラムに参加できる方
      • プログラムへの参加にあたり事前に面接を受けて頂き、プログラム参加への適否を検討させていただきます(面接項目参照)

※電話・メールによる相談は無料です。まずは一度お気軽にお電話下さい
※入寮に関する詳しい資料をご用意しておりますので、お気軽に資料請求下さい。

【沖縄ケアセンター琉球GAIA】

TEL:098(851)3535 電話受付(平日のみ)8:30~18:30

事前面接

今後のリハビリを有効に進めるため、以下の内容についてお聞きします

(個人情報は本人の承諾なしに公開したり、他の機関に情報提供するといった事は、一切ございませんので、ご安心下さい)

      • 基本属性   :年齢、教育歴、職業等
      • 対人関係   :家族関係、一般的対人
      • 感情の問題   :抑うつ、不安、緊張など
      • 薬歴          :主な使用薬物、使用頻度(アルコールギャンブル等含む)
      • 犯罪歴       :前科、前歴、現在の裁判状況
      • 治療歴       :過去の通院、入院歴、処方薬の服用、精神疾患の既住歴
      • 現在抱えている悩み(借金問題等含む)
      • 個別のゴール設定

面接終了後、スタッフ、家族、本人で話し合い、今後の治療計画や目標を決めていきます。事前面接で当施設のプログラムが本人の抱えている問題に適さない場合、もしくは当施設で提供できないと判断した場合は、適切な機関を可能な限りご紹介致します

秘密厳守

当施設は利用者からお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示することはありません

      • 利用者の同意がある場合、または利用者が希望されるサービスを行なうために当施設が業務を委託する第三者に対して開示する場合
      • 法令に基づき開示することが必要である場合(但し、当施設は利用者から違法性のある薬物等での相談を受けた場合でも、利用者の回復に重点をおいているため、警察、その他機関へ通報するといったことは一切ありません)
      • 本人が他者への殺意、危害を明らかに示した場合(やむをえず警察に通報することがあります)

今後のリハビリを有効に進めるため、本人の状況は、連帯保証人及び家族の方々に知らせることがあります

参加者の責任

共同生活を過ごす上で、当然要求されるルールやマナーを守って頂く以外に、特に当センターが定めている規則は以下の通りです

    • 施設の建物・備品・車両等を破損した場合(意図の有無にかかわらず)修理にかかる費用を弁済して頂きます
    • 暴言等、リハビリの目的から逸脱し、集団生活を乱す問題行動は慎しんで頂きます
    • スリップ(再使用、再飲酒、再行為)してしまった場合、スタッフと個別に面談したうえでプログラムの継続が可能かどうか判断します。場合によって解毒入院や他機関を紹介した上で移行して頂くことがあります
    • 家族との連絡が必要な場合、スタッフ立会いの元、施設の電話で連絡を取ってもらいます
      原則として知人、友人等への連絡は制限させて頂いておりますのでご了承ください
    • 手紙のやり取りは制限させて頂きます
    • 門限は午後10時30分となっています

(以下禁止項目)

  • 暴力
  • 施設内での薬物(合法・非合法問わず)の使用及び持ち込み・アルコールの飲酒及び持ち込み
  • 他の入寮者への誹謗・中傷
  • 所定の場所以外での喫煙・寝タバコ
  • ギャンブル・賭博等(施設内外問わず)
  • 電話使用の制限及び無許可での携帯電話・インターネット・SMS・SNS等
  • 利用者同士の金銭の貸し借り及び代理行為
  • 無断外泊
  • 知人、友人(異性含む)の施設への同伴及び宿泊

その他詳細は、面談の際に詳しくご説明させて頂きます。

入寮生活を始めるにあたって

入寮時に必要なもの

私物管理のスペースが限られているため、荷物は極力少なめにおさえてください。(バッグ1~2個程度)

  • 保険証(施設で保管)
  • 運転免許証
  • 洗面用具、歯ブラシ、カミソリ、タオル
  • 衣類、普段着、水着、バスタオル、フェイスタオル
  • スニーカー、ビーチサンダル
  • フィットネスジムのプールを利用される場合、競泳用水着、ゴーグル、キャップが必要となります
  • トレーニングウェアー、運動靴(外履き用、内履き用)
  • デイバッグ、もしくはリュックサック

※必要に応じて沖縄にて購入する事も可能です

持ち込んではいけないもの、及び必要のない物

オリエンテーションの際には施設の安全運営上、厳重に荷物の確認をさせて頂きます。

※利用者全員に実施している作業ですので予めご了承ください。

以下の物を持ち込んでいた場合は、施設で管理、保管、又は返送させて頂きます。

  • 薬物及びアルコール類
  • 危険物、銃刀類、爆発物
  • 高級貴金属類、現金(通帳・クレジットカード・キャッシュカード類はお預かりさせて頂きます)
  • パソコン、携帯電話、タブレット端末、ゲーム類(電話・インターネット・SMS・SNSなどの使用は原則禁止しています)

※その他スタッフが不必要と判断した物は、施設で管理、保管、又は返送させて頂きます。

生活費

当センターでは金銭管理も重要なリハビリプログラムの一環と考えています。

毎朝スタッフより1,000円をお渡しいたします。内訳は主に。昼食代、嗜好品などです。

 

お問い合わせバナー