『自分を好きになる』・Jさん

Jさん

「自分を好きになる」

琉球GAIA Jさん

私は脱法ハーブが原因で琉球GAIAにつながりました。

使っていた時は「好きで使っているのだから自分の勝手だ」と思っていたのですが、本当は違っていたのだと今では思っています。

 

中学生の時にアルコールを飲むようになってから、薬物を使って気分を変えて人と付き合ったり、ストレス発散をすることをおぼえました。それから歳を重ねる毎にシラフで人と付き合う時間はどんどん少なくなり、遊びといえば薬物を使うことだけでした。

大学卒業後、挫折し、4年間付き合っていた彼女とも上手くいかなくなり、学生時代からの友人を避け、自ら孤独をつくっていきました。仕事も始めたのですが、シラフでの人との付き合い方が分からなくなっていて、テンションが高すぎて後で後悔したり、テンションが低すぎて人の目が気になったりとうまくいかず、日に日に苦しくなって逃げるように職場を去りました。

それから気軽に話をしたり相談できる相手もなく、打ち込める趣味もない私はひたすら薬物を体に入れ続け、外出するのは薬物を買いに行く時だけという生活になってしまいました。

 

GAIAに入寮するため、入院を経て沖縄に来たころは自分のことが大嫌いで、自分のことなど好きになってくれる人なんて一人もいないと信じ込んでいました。

入寮しても他の仲間との違いさがしばかりして疎外感を感じ、所属感を持てないまま、かなり長い期間ガマンをして過ごしていました。しかし、ガマンは長く続きません。結局2度のスリップを経験しました。2度目のスリップで入院する事になったのですが、この入院がその後の大きな転機になりました。

 

退院して私が生活していたハウスに戻ると、一人の新しい仲間が来ていました。ハウスからGAIAへの移動中は仲間から逃げることは出来ません。はじめはとても緊張し、怖かったのですが、毎日繰り返しているうちに徐々に慣れていきました。その仲間と帰りにどこかに寄ったり、日曜日に遊びに行くようになりました。数年ぶりに人に心を開いたような気がします。一人に心を開くと他の仲間ともスムーズにコミュニケーションがとれるようになっていきました。疎外感は無くなり、心から笑えるようになって自分のことが少しづつ好きになってきたのです。自分のことが好きになると、人との付き合いがすごく楽になりました。今では仲間の中にいると安心感や所属感を感じることができ、充実した入寮生活を送っています。

 

GAIAで学んだ事は人との付き合い方だけではありません。本気で打ち込める趣味も与えて頂きました。それはゴルフです。

私は大学時代ゴルフサークルに所属していたのですが、たまに練習する程度でほとんど参加していませんでした。GAIAで改めて始めた時はボールもまともに打てないぐらいヒドイ状態でした。それから当時通所だったスタッフ見習いのYさんやゴルフ初心者だったスタッフのUさんと毎日毎日練習に明け暮れました。調子が良くなったり、スランプに陥ったりを何度も繰り返しながらクラブを振り続けました。スランプになると何度もやめたいと思いましたが「ここまで頑張ったのに、ここでやめる訳にはいかない」と歯を食いしばり練習しました。

練習の甲斐あって、ついに初めてスコア100を切ることが出来ました。しかも毎月一回行われるGAIAのゴルフ大会で連続優勝というオマケつきです。

まず良いイメージを持つ事、次に自分のスイングのどこが悪いか分析し、修正するために考えて実行すること。そして続けていれば必ず上手くなると信じることを実践してきましたが、これは日常生活にも活かせることだと気付きました。

 

私はGAIAに来て長い間「ダマされた」と家族を恨んでいました。しかし今は本当に家族に感謝しています。また仲間やスタッフの助けなしでは今の自分は無かったと思います。まだまだ欠点ばかりの自分ですが、もっと自分のことが好きになれるようにGAIAで学んだ事をいかして、周りと競争せず、自分のペースで成長していきたいと思います。

 

みなさんのおかげです。ありがとうございます。 J

お問い合わせバナー