『これまでとこれから』・ Kさん

「これまでとこれから」 Kさん

『脱法なら大丈夫でしょ?』

初めて買う時によぎった自分への安易な言い訳。 周りの人を、自分を傷つける毎日が始まった瞬間でした。

しばらく前のこと。 心の平安を求め、二十年ぶりに戻った故郷は、理想とかけ離れていました。 数カ月前に転職した会社はまったくと言っていいほど水が合いません。 一緒に来てくれた妻をなだめ、自分自身も慰める毎日。 会社でも、家でもストレスを感じ、拠所を探していた矢先、家から数百メートルの所に脱法ハーブ屋を見つけました。

冷やかしで終えるつもりでした。 世の中を騒がしている脱法ハーブとやらを見てみよう。 少し興味があるだけで、使う必要はない。 店員と話しているうちに、冷やかしは好奇心へ、そして購入するための言い訳が自然と湧いてきました。 『マジメに頑張っている』 『ストレスが溜まっている』 『息抜きしたい』 そして 『脱法なら大丈夫でしょ』 と。 お店を出る時には安価で、タバコのような脱法ハーブを手に、ただただ興奮していました。

常用までさほど時間は掛かりませんでした。 今まで以上に一人を好み、妻とは口論が多くなり、仕事以外の時間はハーブを使う。 身体も精神も支配され、なすがままの状態。 しらふが憂鬱、どうやって脱法ハーブを入手し、使うことしか考えない毎日。 しかし、使ってからは強烈な罪悪感に苛まれ、 『生きていても迷惑かけるだけ』 『死にたい』 と思うように。 この精神状態に耐えられるわけもなく、さらにハーブを使う。 くりかえし、くりかえし。

きっと自分の中で火事が起きている。 解かっているけど、どこが燃えているのか、出火原因すらもわからない。 本当は逃げるべきなのだろうが、どうやったら逃げられるのか、わからない。 第一、このまま死んでしまってもいい気がする。 流され続け、日々苦しくなってゆく中、自分は自分を見捨てました。

さまよい続ける自分を、勇気を持って助けてくれたのは、妻と母親でした。 自分は病気であり、このまま回復するのは不可能だと言われました。 そうして渡されたのは、GAIAのフリーペーパー【RECOVERY】でした。

沖縄行はすぐに決断しました。 このまま流されて毎日過ごすのは、死んでいるのと同じ。 勇気を出してくれた家族のために、前を向こうと。

期待と不安とハーブへの未練が複雑に交差する中、何とか沖縄に到着。 一週間後には、家族も周りの人もひどく恨んでいました。 こんな所に閉じ込めやがって、と。 自分の事を 『仲間』 と呼ぶ知らない人達、何か喋らされるミーティング、いびきのうるさい三人部屋。 自分の居場所ではない、帰りたいと心の底から思いました。 一週間後には、 『ハーブはもう止まったから帰る』 とスタッフ相手にごねる日々。 結局は使いたいだけ。 底をついた辛い記憶はいずこへ。 大好きだけど、別れた彼女のようでした。 彼女の為なら、すべてを投げ出してもいいと思えるところまで。

依存症の本質は、異常なまで偏った自己中心的な考え方。 自分のどの部分を開けて見ても、自分しかない。 ゲームも携帯もなく、存在するのは共通の目的を持った仲間と有り余る時間。 この環境は、否が応でも自分を見つめさせられます。

毎日決まった時間に起床し、朝ご飯を作って、ミーティングして、ジムやサーフィンに行く。 夜ご飯を作り、仲間と話をして、寝る。 この生活を淡々と繰り返す。 仲間と笑うこともあれば、些細なことで衝突もする、簡単にとらわれる。 当初三か月で帰ることを決めていた自分は、毎日カレンダーを眺め、指折りしていました。 早く元の生活に戻りたい。 仕事がしたい。 止めに来ただけだ。 もう十分だろうと。

事の本質はこの生活から逃げたかっただけ。 いざという時は、いつも逃げていた自分。 心の平安を求め、故郷に帰ったのも、辛い仕事から逃げたいから。 防衛本能であり、自分の成長を著しく妨げていた要因。 ある日、先行く仲間から言われました。 そこまでわかっているなら、今回は逃げちゃダメだと。 ここで正しい一歩を踏み出そうと。

カレンダーを眺め、指折りする毎日はやめました。 そんなのは辛いだけ。 委ねてしまったほうがいい。 今は使うことを諦め続ける。 自分の中にブレない軸を作る。 仲間とスタッフと切磋琢磨する。 毎日笑う。 そして、この環境に、沖縄という島に、遠くにいる家族や先行く仲間に感謝する。 気持ちの持ち方次第で、悲観的に見えていた毎日は、今ではキラキラと光っています。

もしも脱法ハーブを吸わなかったらと後悔していた毎日。 GAIAはそんな後悔の念から解放してくれました。 過去にとらわれる日々は何も生まない。 これまでの失敗から得た気付きを胸に、これからは前を向いて歩いていきたいと思います。

妻と母と仲間に感謝 K

お問い合わせバナー