「Brand-new Life」・GAIA 上田裕司

上田2

Brand-new Life

GAIAスタッフ 上田裕司

皆様こんにちは、琉球GAIA(以下GAIA)スタッフの上田と申します。

沖縄に来て・・・そして僕の新人生が始まって4年が経ちました。苦しい時期もありましたが、今はとても穏やかで幸せな日々を過ごしています。

「回復とはなんなのか? クスリを使わずに生きるとはどんな生き方なのか?

僕にとっての回答は【自分の問題と地道に向き合い続ける事】【生まれたての0歳から始める事】でした。

元々僕は、目立ちたがり屋でちやほやされたいという願望が強く、そうした事から人に負けたくない、人の真似はしたくない、人の言う事は聞きたくない、人と同じやり方はしたくない、そうゆう性格でした。悪い事ばかりじゃなかったけど、僕にとってその考え方は、大きな生き辛さになっていたんだとGAIAに来て気付きました。両親や兄弟からも常々「普通を知りなさい」とよく言われていました。

そしてGAIAで今までの自分の生き方についてじっくりと見つめ直す機会を得た事で、人間関係の築き方にも問題がある事を知りました。でもそうした問題に気付く事は出来ても、それを改善していくには長い時間と苦痛を伴います、でも一人じゃなかった。同じ問題を抱えた仲間と共に自分の問題と向き合えました。そして今は事あるごとに立ち返る事の出来る原点を得たように思います。

以前の僕は自分の事が全く好きになれず、頑張って努力してそれなりの結果を出しても一向に満足できない。自分も他人も褒めれない。あらゆる事への間違い探しに翻弄される。そんな日々を送っていました。そんな時に出会ったのが覚醒剤です。覚醒剤は全ての【歪】を取り去ってくれました。自分の欠点すら長所に変えてくれました。それが偽りの長所だと気付かせないように・・・

でも使えば使うほど全てが少しずつ絶妙なペースで崩れていきました。確実に。家庭も会社も友人関係も、そして自尊心すらも・・・ 見事にまんべんなく崩れて行きました。

そして崩れきった感のある日、一人の※住職が家にやって来て「今すぐ沖縄の施設に行きなさい」と提案してくれました。その時の僕には他に選択肢はありませんでした。僕の人生にとって大きな転機となった瞬間でした。

そうしてGAIAにやってきた僕は、自分の内面に起きている様々な問題と向き合う機会を得ました。しかしプライドの高かった僕は、そうした問題を認めて向き合いはじめるまでしばらく時間が掛かりましたが、代表の鈴木氏をはじめスタッフの方々が本当に粘り強くサポートしてくれました。そうした環境の元、赤ちゃんで例えると【寝返り】や【はいはい】を、同じく生まれたての状態にある仲間達と共に学びました。今、クスリが止まって4年が経ち、いわば4歳児です。どうにか少しづつ【歩き方】がわかって来た感じです。以前の僕はろくに歩き方も分からぬまま、なんでも抱え込み、行き先も持たず全力疾走、壁にぶつかって方向転換。ピンポン玉のような生き方でクシャクシャになりました(笑)。

【今日一日、僕は余計な荷物は背負わず、ゆっくり歩いて行きたいと思います。】

そうして今はスタッフとして仲間みんなのサポートをさせて頂く側となり、代表の鈴木氏やスタッフの方々が僕に対して粘り強く愛情を持って接してくれたように、またGAIAの仲間達が当時、荒んていた僕に笑顔で居場所を与えてくれたように、僕もGAIAの仲間達や、愛する家族と共に、新しい人生をその時の流れに身を任せながら歩めたら、本当に幸せな真人生だと思います。まだまだ家族の事や沖縄での暮らしなど、書きたい事は山ほどありますが、最後にこの誌面をご覧になられている未だ薬物依存に苦しむ方、そしてそのご家族の方々へ一番伝えたいメッセージを綴ってペンを置かせて頂きます。

「今まで苦しい思いをされた分、きっと笑顔になれますよ、あなたは一人じゃない。共に新しい生き方をはじめましょう。お会いできる日を楽しみに待っています。」

ありがとうございました。

 

お問い合わせバナー