「海外研修を終えて」・GAIA 草野 卓也

草野卓也

「海外研修を終えて」  琉球GAIAスタッフ 草野 卓也

こんにちは、スタッフの草野です。この体験談を皆様がご覧になる頃には、全国的に猛暑の続いた夏も終わり、爽やかな秋晴れが続いている事だと思います。

今回は私が参加させて頂いた6月の海外研修について御報告をさせて頂きます。

今年の6月の終わりに20数名でアメリカにある「セレニティパーク」と「ヒーリングプレイス」という施設に行って参りました。セレニティーパークはRD「リカバリーダイナミクス」という施設向けの12ステップを開発した「ジョー・マキュー」さんが立ち上げた施設で、この春から琉球GAIAでも施設のプログラムとして、このRDを取り入れ、何人もの仲間に効果を発揮しています。

セレニティーパークでの研修は2日間、アメリカの違う施設のスタッフ研修中の方数名も参加して行われました。同時通訳の方のお陰も有ると思いますが、非常にわかりやすく、体験談有り、笑い有り、一緒に研修を受けた方も授業をして下さったラリーさんという施設長もとてもフレンドリーで楽しい時間でした。昼食もハウスの中にある食堂で皆で頂いたのですが、味だけでなくボリュームも結構な物でした。男性スタッフだけでなく食を作ってくれた女性スタッフも全員が回復者との事で、とてもフレンドリーでした。一日目の研修が終わった夜は、近くで行われているAA会場に案内して貰いました。その日はラリーさんも出席してのステップ・スタディミーティングだったのですが、会場には300人のメンバーが集まっていました。アメリカとはいえ、これだけの人数を集める事が出来る「グループの魅力」にただただ感服いたしました。

2日目は研修終了後に男性ハウスの見学をさせて貰い、スタッフの方々にも様々な話を伺う事が出来ました。ホテルに戻った後は近くのレストランで食事をしてショッピングに出掛けました。異国の地で何も分からない中、行動力の有る仲間がいて助かりました! 本当に感謝です。

3日目は飛行機を乗り継いでノースカロライナ州ローリーにある「ヒーリングプレイス」という施設を見学させて貰いました。この施設はとても広大な敷地の中に有り、ローリーのホームレスを激減させたという素晴らしい実績で知られている救護施設であり、RD実施施設でもあります。私達が見学させて頂いた時に、ステップワークをやっていた入寮者が手を止め、自分の体験談を話してくれました。その話を一緒に聞いた何人かの仲間は聞き終わった後、  自然とその初めて会った仲間に握手を求めていました。その仲間の話に皆で共感出来た素晴らしい経験でした。夜はスタッフの車でNAに参加してフェローシップを取り、女性ハウスの見学もさせて貰い、全日程が終了しました。

今回の参加者は、私の様な施設スタッフ以外にも、病院関係者や施設OB、自助グループメンバーなど、様々な分野と立場の方々でした。最初は場違いなところに来てしまったかな?と思いましたが、研修が進むにつれこの違いも大きな贈り物である事に気付きました。研修中の質問などそれぞれの立場で視点が違い、その違いから学ぶ事や気付く事など沢山有り、この研修は私にとって大変大きな意味を持つものとなりました。

そういった事も含めて、今回の研修で学んだ事を今後の仕事に生かし、利用者の方一人ひとりのニーズに多面的に答える事を目指し、アメリカで学んだ先進性を生かし、琉球GAIAがますます地域社会に受け入れられるよう取り組んで参ります。最後に今回の研修の機会を与えて下さった、施設長をはじめとする関係者の皆様に感謝しつつ私の体験談とさせて頂きます。

お問い合わせバナー