「一人では依存症から回復できません。あなたには助けが必要です」・GAIA 谷川公一

谷川公一

「一人では依存症から回復できません。あなたには助けが必要です」

琉球GAIA 東京エリアスタッフ 谷川公一

リカバリー・ダイナミクス(RDP)とは?

【RDPのあらまし】

RDPは主として依存症回復支援施設(中間施設、リハビリ施設、医療施設など)のために作られたプログラムです。このプログラムの基礎は、アルコール依存症者の相互支援グループ、アルコホーリクス・アノニマス(AA)の同名テキスト(愛称はビッグブック)と、そこに説かれている「12のステップ」です。

RDPは依存症に対する新しいアプローチではありませんが、歴史的に充分な実績をもつ12のステップを回復施設で使えるように翻案したという点では革新的なプログラムであるといえます。

【RDPの成り立ち】

RDPを作ったのはアルコール依存症から回復した本人たちであり、その中心にいたのが故ジョー・マキュー氏でした。ジョーたちはAAの回復のプログラムである12のステップを実行し、アルコール依存症から回復しました。その経験に基づいて、彼らはアルコール依存症施設で使うプログラムを作ろうと努力しました。

そのRDPが作られるきっかけとなったある気づきについて次のように記されています。

「RDPが形を整えたのは、セレニティ・ハウスのカウンセラーたちがAAの方法を30日間の治療プログラムに翻案するカギを発見した1977年のことである。私たちは自分自身の回復のために何年間もビッグブックを使ってきたが、1973年から77年にかけてこの本を集中的に学んでいた。(中略)ある晩、一人の仲間が、この本では目的(purposes)は目標(goals)と同義で使われていると言った。ビル・W(AAの共同創始者)の用語法の特徴に気づいたとき、ビッグブックの治療方法が理解できたのだった。そしてこの理解を得て、RDPの開発が始まった」

ジョーたちは、AAの12のステップを次の三つの目標に到達するためのプログラムとして理解しました。

すなわち、

1番目の目標は、問題は何であるかを知ること=ステップ1             2番目の目標は、問題の解決策は何であるかを知ること=ステップ2

3番目の目標は、解決策を手に入れるための行動を起こし、結果を手に入れること=ステップ3から12

この理解をもとにして、クライアントに12のステップを伝え実践を促していくと、回復率が上がり始めました。

RDPは現在、アメリカ、カナダだけでなく、イギリスをはじめヨーロッパ諸国の施設でも採用され、大きな成果を挙げています。特にアメリカ、ケンタッキー州ではさまざまなタイプの10を超える施設でRDPが実施されています(詳しくはケリーFのホームページ参照)。

【RDPの有効性】

施設が利用者に提供するプログラムとして、3つの事柄があげられると思います。

1つ目は基本的な生活の習慣を身につける事です。それは毎日規則正しい生活を行うことです。毎日同じ時間に起床、睡眠し、三度の食事を食べ、歯磨きをし、掃除洗濯をして、身の回りを整理しておくことです。薬物、アルコールを使用、飲酒し続けるとこのような基本的な生活がおろそかになっており、精神状態も悪化してきます。まず施設では基本的生活を取り戻すことが重要だと思います。

2つ目は人とのかかわりあい方です。使用している時期は上記のように生活が乱れて、精神状態も安定していません。人との関わり合いもおのずと乱れてきます。健全な人間関係が保てなくなります。集団生活を持続していくうちにお互いを助け合い、問題解決するような人間関係を構築する学習場所として施設は有効な手段といえます。

3つ目は回復に集中できる事です。自助グループだけで回復は可能ですが、ミーティングに毎日通っても一日に限られた時間しか仲間と接することができません。施設に入寮していれば仲間と長時間過ごす事が出来るので、それは回復の基盤を作るのには大変有効です。

また12ステップを実践する事も施設内で行えば、回復の基盤がより強固になります。12ステップ自体が効果的に活用される方法としては以下のような事が考えられます。

スタッフが入寮者に12ステップを提供し、その入寮者がアフターケアとして自助グループを使いその中で12ステップをグループに広め、施設利用者にも施設OBとしてスタッフのサポート係として活躍していくという循環ができるわけです。

RDPというツール(道具)は12ステップをより分かりやすく施設用のプログラムとして開発されたものであり、その施設経験者が施設を卒業しても、同じプログラムを活用し社会に出ていきながらまた施設にも経験とプログラムの還元が可能となるプログラムといえるでしょう。

*リカバリーダイナミクスⓇは一般社団法人セレニティープログラム社の登録商標です。

 

お問い合わせバナー