機関誌【リカバリーアイランド沖縄】2015夏号完成!!

皆様こんにちは、スタッフの上田です!!

当センターの機関誌【リカバリーアイランド沖縄】最新号となるVol.9・2015-夏号が完成致しました。

今回もスタッフの与那嶺 卓が編集長として誌面の企画・制作を担当致しました!

新潟医療福祉大学の近藤あゆみ先生や、GAIA代表の鈴木文一、スタッフの草野卓也、ご家族の方、GAIA利用中の仲間など多彩なメンバーのメッセージで構成されています。

今号のテーマは『家族と歩む回復と成長の道』とし、普段はあまり語られることの少ない『ご家族』についてスポットをあてています。

私たちGAIAの理念でもある『家族と共に回復する』という意義を少しでも多くの皆様にご理解いただければ幸いです。

そして【リカバリーアイランド沖縄】も気が付けば9号目となり、少しは皆様の間に定着することが出来たかなと感じています。

施設生活ってどんななの? どんなことをしてるの? どんな人たちがいるの? 依存症から回復なんて本当に出来るの?

私たちが考える、依存症から回復するために、現在国内で最も効果的かつ有効な手段に『依存症リハビリ専門施設でのリハビリテーションプログラム』があります。

一番有効なはずの専門施設でのリハビリですが、その中身はベールに包まれていて、あまり知られていないのが実情です。

ただでさえ人に相談しにくい【依存症問題】インターネットで検索しても『だれだれが捕まった・・・』『一度でも手を出すともうおしまい・・・』こんな表記ばかりです・・・

なんとか施設のホームページにたどり着き、中身を読んでもいまいちイメージが湧かない。そこで施設に電話してみたものの、対応はお粗末で、高圧的。

ニューズレターや機関誌・ホームページやブログもなんか暗くて、読みにくくて、届いてもあんまり読む気になれず、ちょっとページを開いてみてはすぐにゴミ箱行き・・・

こんなんじゃ本来届けたいメッセージは届かない・・・

自分達はサイト運営や機関誌の紙面作りに関してド素人ですが、出来る限りこの問題に真摯に取り組み、一貫して【依存症の問題を抱えた人々に希望のメッセージを届けたい】という想いのもと、試行錯誤しながら色々と企画を練り、制作にあたっています。

これからも、一人でも多くの『問題を抱えた仲間達』に『回復と希望』のメッセージを届けるために、スタッフ一同前進して参りますのでご声援の程宜しくお願い致します。

【最新号ダウンロードはここをクリック】

IMG_0298