薬物乱用対策研修会を終えて

去る2月9日、沖縄県薬務疾病対策課と琉球GAIA主催の薬物乱用対策研修会を開催致しました。埼玉県立精神科医療センターの和田 清先生には、「薬物依存症を理解し、その回復を支援する」という内容で講演して頂き、国立精神・神経医療センター 薬物依存研究部の近藤 あゆみ先生には「薬物依存症者をもつ家族に対する相談支援と心理教育」という内容で講演をして頂きました。今回の研修会には県内の病院や保健所、リハビリ施設、矯正機関、教育機関等から50人を超える参加があり、沖縄県の薬物問題に取組む機関が地域でどのようなネットワークを組んだらよいのかということや家族の初期相談にどのように対応したら効果的かということ等をロールプレイ等をとおして勉強しました。
この企画は琉球GAIAの「沖縄を回復の島にしよう」という願いを進めていく上でかねてからスタッフ間では話題になっていました。どのように沖縄県内でネットワークを組んで行ったらよいのか、苦しんでいる家族がやっと相談機関に連絡を取った時にたらい回しにされることが少しでも減るように家族からの初期相談への対応を学ぶ研修を行いたいと考えていました。
非常に良い研修会だったと多くの参加者からの声もあり、今回だけの企画ではなく来年以降も是非企画していきたいと思います。