薬物依存症とは?

1. 薬物依存症の正しい理解

1人の人物を想像してみてください。その人は薬物を使いつづけていて、周囲の人が説得や説教、あるいは叱責したりしても決してそれをやめようとしない。ひょっとして、一度はそれをやめたり回数・量を減らしたりすることに成功したこともあったのですが、結局はまた使い始めてしまった。もしこのような人があなたの身近にいるとしたら、その人は「薬物依存症」という障害を抱えている可能性があります。
薬物依存症は国際的に認められている精神障害のひとつです。覚せい剤・シンナー・大麻などの依存性のある薬物を使いつづけているうちに心身に異変が生じ、薬物を使いたいという気持ち(渇望)が強くなりすぎて、自分ではコントロールできなくなり、現実にいろいろと不都合が生じているにもかかわらず、使いつづけてしまう障害です。市販の鎮痛薬や咳止め薬、病院で処方される睡眠薬や精神安定薬なども、使い方を誤ると依存症になる可能性があります。
何回くらい薬物を使うと薬物依存になってしまうかは個人差が大きいので一概にはいえませんが、通常は一度使っただけで薬物依存にあることはありません。何度か使いつづけているうちにその人の中に依存が形成され、異変が生じてきます。ただし、薬物依存に陥った人は、まさか自分がそのような事態になるとは思わずに最初の一回を使ったわけですから、最初の一回の持つ重みは大変なものです。
薬物乱用、薬物中毒、薬物依存は同じような意味で使われることが多いのですが、本当はそれぞれ違う意味を持っています。

2. 薬物乱用とは?

薬物乱用とは、ルールに反した「行い」に対する言葉で、社会規範から逸脱した目的や方法で、薬物を自ら使用することを言います。
覚せい剤、麻薬(コカイン、ヘロイン、LSD、MDMAなど)は製造、所持、売買のみならず、自己使用そのものが法律によって禁止されています。したがって、それらを一回使っただけでも乱用です。未成年者の飲酒・喫煙も法によって禁じられているため、一回の飲酒・喫煙も乱用です。
有機溶剤(シンナー、接着剤など)は、それぞれの用途で販売されているのであり、吸引は目的の逸脱で、一回の吸引でも乱用です。また、一回に1錠飲むように指示された睡眠薬、鎮痛薬などの医薬品を「早く治りたい」と考え、一度に2錠も3錠も飲む行為は、治療の為という目的は妥当ですが、方法的には指示に対する違反で、乱用です。もちろん、医薬品を「遊び」目的で使うことは、目的の逸脱で、乱用です。
また、わが国では、成人が飲酒すること自体は乱用ではありませんが、朝から飲酒して社会生活に影響するようでは妥当な飲み方とは言えず、やはり乱用です。
つまり、乱用という概念は、ルール違反という尺度で評価した用語であり、あくまでも「行い」に対する用語であると考えるべきでしょう。
したがって、その乱用が法に触れる場合、乱用者には警察などの取締機関が対応することになります。これは社会の約束事です。

3. 薬物依存とは?

薬物の乱用を繰り返すと、薬物依存という「状態」に陥ります。薬物依存という状態はWHO(世界保健機関)により世界共通概念として定義づけされていますが、簡単に言えば、薬物の乱用の繰り返しの結果として生じた脳の慢性的な異常状態であり、その薬物の使用を止めようと思っても、渇望を自己コントロールできずに薬物を乱用してしまう状態のことです。
この薬物依存は便宜上、身体依存と精神依存の2つの分けて考えると理解しやすくなります。
身体依存はアルコールを例にとると理解しやすいでしょう。長年大量のアルコールを飲み続けた人は、いつの間にか、体の中にはアルコールがいつもあるものだという体に変化します。そのような人が、飲酒できない状況下におかれた場合、体は異変を起こします。
手の震えや幻覚、意識障害などの「振戦せん妄」とよばれる離脱症状(従来は禁断症状といいました)を呈することがあります。このような状態になる人は身体依存になっているのです。
身体依存になってしまうと、離脱症状の苦痛を避けるために、何としてでもアルコールを入手しようとして、家族の目を盗んで自動販売機に向かったりといった、アルコールを手に入れるための行動を起こします。このような行動を薬物探索行動といいます。そして、アルコールを入手し、飲酒が繰り返すことになります。
一方、精神依存とは、渇望(薬物が欲しいという強い欲求)に抗しきれず、自制が効かなくなった脳の障害(状態)です。精神依存だけでは、その薬物が切れても、身体的な不調は原則的に出ません。
ニコチンには、精神依存を引き起こす強い作用がありますが、身体依存を引き起こす作用は実際上はないと考えられています。喫煙者は、たばこが切れると、時刻、天候にかかわらず、労をいとわず買いに行きます(薬物探索行動)。職場では、喫煙者どうしで「1本もらえる?」と供給し合います。この「1本もらえる?」という言葉は、紛れもない薬物探索行動です。この薬物探索行動はニコチンの場合は「1本もらえる?」ですみますが、覚せい剤の場合には、入手するためには、「まずはお金だ!」ということになります。結局、有り金を使い果たし、その後は、家族、友人に無心し、時にはお金ほしさの犯罪にまで及ぶことまであるわけです。
薬物には、精神依存だけ引き起こす薬物と、精神依存と身体依存の両方を引き起こす薬物の二種類があります。アルコールは身体依存のみならず精神依存も引き起こします。ところが、ニコチンや覚せい剤は、強い精神依存を引き起こしますが、身体依存は引き起こしません。したがって、薬物依存の中心は精神依存であると言うことになります。
困ったことに、この渇望を抑える医薬品(治療薬)は未だに開発されていないのが現状です。

4. 薬物中毒とは?

薬物中毒は急性中毒と慢性中毒の二種類に分けられます。
アルコールの「一気飲み」は薬物乱用です。そのような飲み方は、酔いを一気に通り越して意識不明の状態を生み出しやすく、生命的な危機を招きます。このような状態が急性中毒です。乱用による薬物の直接的薬理作用の結果です。依存状態の有無にかかわらず、乱用すれば誰でもいつでも急性中毒に陥る危険性があります。急性中毒は迅速かつ適切な処置により回復することが多いわけですが、時には亡くなってしまうこともあります。
一方、慢性中毒とは、薬物依存に陥っている人がさらに乱用を繰り返した結果として発生する慢性的状態です。こうなると、原因薬物の使用を中止しても、出現していた症状は自然には消えず、時には進行性に悪化していきます。幻覚や妄想を主症状とする覚せい剤精神病、「無動機症候群」を特徴とする有機溶剤精神病などがその代表です。
さいわい、覚せい剤精神病の幻覚や妄想は、3ヵ月以内の治療で約80%は消し去ることができます。しかし、幻覚や妄想が治ったからといって、薬物依存までもが「治った」わけではないのです。苦労して何とか本人を入院させたにもかかわらず、幻覚、妄想の消えた本人に懇願されて退院させたところ、ほどなく覚せい剤を再乱用され、再び本人を病院に連れていかざる得なくなったという体験を持つ家族は少なくありません。薬物依存と薬物(慢性)中毒の違いを理解することがきわめて重要です。

2. 依存のサイクル

薬物やアルコールの使用・ギャンブルにより、たくさんひどい目にあい「もうやめよう」と思ったり、「またつかってもいいや」と思い返したりを繰り返すうちに精神も身体も人間関係もぼろぼろになっていきます。つまり、自分の意志に反して使ってしまいます。このような繰り返しを「依存のサイクル」といいます。このサイクルから抜け出すことが重要です。

3. どんな人でもかかる病気です

「その気になればいつでもやめられる」この病気になった人は皆こう言います。
本人が知らないうちに依存症になってしまうのです。「意思が弱い人」や「性格に問題がある人」が依存症になるわけではありません。

4. 自分の力だけでは治すことはできません

依存症は病気です。適切な治療や回復への援助が必要です。
自己流でやってもうまくいきません。また自分や家族だけの力ではどうしようもありません。

5. 進行性で死に至る病気です

様々な中毒症状が起きて、身体や精神がぼろぼろになっていきます。
自分でも気づかないうちにはまってしまって、気づいた時にはどうにもならない状態になっています。
友人や家族からの信頼を失い、孤立して行きます。その結果、行き着くところは、刑務所か精神病院という人生になってしまいます。また事故や自殺によって亡くなってしまう場合も少なくありません。

6. 問題を否認し、治療を避ける病気です

問題が起きていることを見ないようにする考え方が出てきます。
自分にも他人にも嘘をつくのが上手になってしまいます。
わたしが「依存症であるはずがない」と思い、自分が病気であることを否認します。

7. 周囲の人達を巻き込む病気です

自分自身どうすることもできなくなり、家族や友人、そして身近な人たちを巻き込みます。なんとかしようと抗いますがどうにもなりません。大切なことは、自分が依存症という病気であることを認め、専門機関や援助者に助けを求めることが回復への第一歩です

下記のような行動がみられた場合は依存症、または依存症予備軍の可能性があります

  • 感情の起伏が激しく、人がかわったようになる。
  • 薬物やアルコールを買ったり、ギャンブルをするために嘘をついたことがある。
  • 薬物やアルコール、ギャンブルのことについて尋ねると不機嫌になる。
  • 意味不明な話をしたり行動がまとまらないことがある。
  • 家の中で薬物を乱用する。
  • 薬物使用の道具が出てきたことがある。
  • 依存行為が見つかって開き直ったことがある。
  • 薬物やアルコールを使って大声を出したり暴力をふるったことがある。
  • 薬物やアルコール、ギャンブルが原因で仕事を解雇されたことがある。
  • 薬物やアルコール、ギャンブルが原因で身体的問題が起き、受診したことがある。
  • 本人が作った借金の督促が来たことがある。
  • 薬物やアルコール、ギャンブル使用のために補導・逮捕されたことがある。

 

お問い合わせバナー