私たちについて

法人概要


施設名称            特定非営利活動法人アルコール・薬物依存症リハビリセンター 琉球GAIA


代表理事            鈴木 文一


所在地              〒902-0078 沖縄県那覇市識名1102-16


TEL               098-831-2174(代表)


FAX               098-831-7174


設立               2002年6月(法人格取得2007年10月)


事業内容

アルコール・ギャンブル及び薬物依存症に関する電話相談及び、全国の連携治療機関の紹介(薬物・アルコール依存症相談センターの運営)

アルコール・ギャンブル及び薬物依存症者のリハビリ宿泊滞在及び通所施設運営事業、生活支援事業、自立支援事業(沖縄ケアセンター琉球GAIAの運営)

アルコール・ギャンブル及び薬物依存症者をもつ全国のご家族への相談援助事業(GAIA家族会の運営)  

刑務所、少年院にて薬物離脱指導プログラムの開催。障害者地域生活支援センター等との連携や依存症家族会の開催など啓蒙教育活動の実施

無料相談窓口「薬物・アルコール依存症相談センター」について

①薬物依存症の問題をかかえた方々に対して、電話相談を行っています

②日本全国の薬物依存症専門医療機関、薬物依存症リハビリ施設の紹介支援を行っています

③関東・関西・沖縄にて、薬物の問題を抱えたご本人のご家族を対象とした家族会を開催し、ご家族の心のケアや、依存症・共依存症についての正しい理解と対応方法を促進しています

宿泊滞在・通所型リハビリ施設「沖縄ケアセンター琉球GAIA」について

「薬物・アルコール・ギャンブル依存症から回復したいと願う人たちに、<薬物・アルコール・ギャンブルをやめて生きる>ための様々な選択肢を提供したい」

そうした理念から平成13年6月より沖縄にて薬物・アルコール・ギャンブル依存症回復施設としてスタートしました。
私たちが沖縄という地を選んだのは、大きな意味があります。まず、薬物、アルコール、ギャンブル漬けの生活環境から離れるということです。

「沖縄の大自然の中で、仲間と共に楽しみながら、着実に回復を目指すこと」を理念に、カウンセリング経験・専門知識が豊富なスタッフと、利用者対ケアスタッフ比率が高い充実した体制(利用者対ケアスタッフ比2:1)で、一人ひとりの個性を尊重する、きめ細かな支援を心がけています。

薬物や、アルコール、ギャンブルをやめるために「今まで付き合っていた友人」「問題に巻き込まれていた家族」「慣れ親しんだ環境」から離れることで、新しい人生を初めやすいと考えています。
また、島である沖縄は、簡単にもとの環境(場所)に帰ることが困難なため、回復したいと決心し、集中して回復のプログラムに取り組めます。
さらに、沖縄の自然は薬物や、アルコール、ギャンブルでボロボロになってしまった心にピュアな風を吹き込んでくれます。
どこまでも澄んだ青い海でのサーフィン、釣り、シュノーケルなどのマリンスポーツや、やんばるの森や慶良間諸島での合宿、輝く太陽の下でのゴルフや野球などのスポーツプログラムは、しらふでも人生を楽しめる喜びを仲間とともに味わえる沖縄ならではのプログラムです。
「GAIA」では、集団生活を中心にしていますが、回復の状態に応じて、アルバイトや就職、専門学校・大学への進学、資格取得の勉強などに取り組むなど、個性、個別性を重視、個々の能力開発に力を注いでいます。
自然の多い沖縄の特性を生かし、開設以来、首都圏・関西方面からの方々を中心に、教育プログラム・グループセラピー・スポーツプログラムといった多彩なメニューを取入れ、多くの利用者が回復しています。
また、全国の医療機関とも連携し、入寮前の不安定な時期など適時適応な医療機関の紹介など、医療面でのサポート体制にも力を入れています。

図2

お問い合わせバナー